舩津院長BLOG
ふなつ眼科院長のブログ
【医療法人 彦星会 ふなつ眼科】〒746-0012 山口県周南市政所3丁目4番5号 TEL:0834-61-0272
カテゴリ : 
全般   2012-2-14 15:30

手島佑郎著「ユダヤの言葉」の中に出てくる内容ですが、とても勉強になった一冊でした。モーセの年齢は知らなかったのでうなりました。

96歳の寿命と信じていた私ですが、限界を作らないことに決めました。

昨日、散髪をしてしみじみ頭髪の少なさを実感していますが、心だけは錆びないようにしておこうと思います。

カテゴリ : 
全般   2012-2-2 15:30

吉田松陰が好んで用いた言葉ですが、これでいいのかもしれません。

若い職員を見ているとあと10年くらいするとみんなすごい力をもって仕事ができるようになるでしょう。

その時私は60歳ですが、いままでと遜色ない仕事ができるように体を鍛錬して、みんなについていこうと思います。

休むのは、死んでからで十分ですね。

カテゴリ : 
全般   2012-1-22 15:30

一週間の締めくくりが、防府かわもと眼科での土曜日の午後診療になります。午前中のふなつ眼科での診療を終えて、急いで昼食をとって、コーヒーをポットに詰め込んで、おやつを持ってかわもと眼科に向かいます。

外来は13時30分から始まりますが、今日は結構そこそこ忙しかったですね。コンタクトレンズの患者様が多いですが、順調に増えている感じですね。レーシックの患者様も最近高校の卒業を契機に手術を受けられる方が出てきています。近視矯正手術も多くの方々に認知されてきていますね。

12月に当院の看護師も手術を受けましたが、とてもよく見えているようです。レーシック担当の看護師なのでなんでも相談してください。とても感じのよい親切な看護師ですからいろんな話が聞けると思います。

カテゴリ : 
全般   2012-1-20 15:30
岡田武史監督と羽生善治二冠の共著を読みました。対談集は、内容の低いものが多く、購入をためらっていましたが、予想を裏切って大変参考になりました。武士道の本質が、自己犠牲と美にあることなど勉強になりました。
カテゴリ : 
全般   2012-1-19 15:30

冬場は、やはりドライアイの患者様が増えます。また体調不良で手術がキャンセルになることも多いですね。そういう自分も風邪気味でなんとか悪化せずに今週の手術を乗り切れました。

カテゴリ : 
全般   2012-1-15 15:10
先週あたりから、わがお気に入りのNSXがヒーターの故障やオーバーヒートを起こして、いつもお世話になっているYさんに修理をお願いしていました。さすがに平成2年式の23歳ですので経年劣化と戦わないといけません。元気になって戻ってきました。新型のNSXもついに発売されるそうですが、国内では生産しないようで、ホンダではなく、アキュラならまったく購入すること気になりません。NSXの開発に取り組んだ方々もNSXに乗られているようで、30年くらいはいけるようです。
カテゴリ : 
全般   2012-1-14 15:10
今日、医師会長に副会長を引き受けることをお伝えしました。厳しい2年間となりますが、医師会病院の建設をこの目でしっかり見守りたいと思います。副会長までしっかり勤めて医師会活動を締めくくろうと思います。
カテゴリ : 
全般   2012-1-12 15:10
子供の受験が始まります。6年間の努力を実らせてほしいものですが、実力が伴っているかどうか・・・。努力は人を裏切らないことは確かですね。真剣に努力すれば、必ず結果としてでてくるはずです。
カテゴリ : 
全般   2012-1-11 15:10
今日の外来も結構、新年明けで忙しかったですね。白内障の手術予定とか、黄斑円孔などさまざまでした。忙しくてバタバタしていましたが、ありがたいです。多くの患者様に来ていただけて幸せだと思っています。お一人お一人できるだけの時間をかけてみるようにしていますが、外来数が午前だけで120名を超えると結構待つ時間が長くなりこちらも焦ります。外来終了後、防府のかわもと眼科へ移動して、網膜剥離の立ち会いをして、手術終了後少し反省会をしてから、新南陽に戻って、母の術後の様子を見ました。手術も1時間30分くらいで終了したようで、痛みも少なくてよかったです。そのあと、医師会病院に行って、医師会の仕事と事務長と簡単な話をして、岡本会長と今後の話し合いをしました。詳細は言えませんが悩むところです。明日も、硝子体手術と緑内障手術で今月は予定がびっしりです。
カテゴリ : 
全般   2012-1-10 15:10
今日は、結構大変な日でした。真っ白になっているアトピー性白内障の若い男性の手術が大変で術中に眼底検査をして、異常があれば網膜剥離のバックリングをしなければならない症例でした。結局、眼底には異常なくて眼内レンズをいれて手術を終了しましたが、網膜剥離の発症の可能性があるから、今後も気を付けないといけません。手術を終わって、広島に歯科治療に行って、母親が骨折で入院していて、明日が手術なので主治医の説明を聞きに行って、帰宅したら21時でした。その間に次男の大学受験の直前講習の電話などが入り乱れていました。自分のこと、家族のこと、仕事のこと。背負うことがとても多いですが、ここはひとつ開き直ってなんでも背負ってしまえ!と覚悟を決めています。明日は、防府で先週の土曜日に私が診察した網膜剥離の患者様の手術の立ち会いに行きます。執刀は、川本先生です。毎週の網膜剥離の手術ですが、川本先生!頑張りましょう!
ふなつ眼科 院長

ふなつ眼科 院長
舩津浩彦

昭和62年広島大学医学部卒業。
京都大学で外科を研修後、広島大学医学部
眼科学教室入局。総合病院眼科部長を経て、
平成9年4月ふなつ眼科開業。

>>ふなつ眼科ホームページ
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ホーム | 診療内容 | 診療の流れ | ふなつ眼科のこだわり | 院長・スタッフ紹介

COPYRIGHT c 2010 FUNATSUGANKA. ALL RIGHTS RESERVED.
Login | アーカイブ |